FC2ブログ

日本一を目指すボクシング講座(ブログ版)

ボクシングが強くなる本質、ヒントを公開!ジムや部の指導に疑問を感じたら読んでみて!考え方、取り組み方を変えればめきめき強くなるはず。質問にはメルマガ内で回答する読者参加型メルマガです。

日本一を目指すボクシング講座  第7号(バックナンバー)

=================================

日本一を目指すボクシング講座  第7号

=================================

 目次

 1.今回のテーマ : パンチの打ち方のポイント その3

 2.ワンポイントアドバイス : シャドウでのヒットポイント

 3.ボクシング雑談 : ボクシングは個人競技?

=================================

いつも購読ありがとうございます。

今回からご購読の方、はじめまして。


1.第7号テーマ パンチの打ち方のポイント その3

前回に引き続き、下記の3からやりましょう。

1.パンチの目的をはっきりさせること。
2.相手にわかりにくいこと。
3.コントロールされていること。
4.バランスがとれていること。
5.自分の拳の軌道をどうするか。
6.自分の拳のどこに当てるか。


前々回に出した宿題です。
もう一度思い出してください。
今回は3から6について考えていきます。

考えていない人は、少し考えてから先を読んでください。



では、考えていきましょう。

まず3「コントロールされていること」ですが、パンチを打つ上で、コントロ
ールされていることが重要なのは言うまでもありませんね。

まれに、パンチをよけなくても勝手に空振りしてくれる人がいます。
どこねらってるのかわからないと言う意味では恐いんですが。。。
こういうタイプにラッキーパンチっていうのがあるんでしょうね。
しかし、自分で打つトコぐらいちゃんと狙ったとおり打てなくては困ります。

「狙う」には2つあって、「止まっている的を正確に打つ」と「相手の急所が
動く位置を予測して打つ」というのがあります。
止まっている的を正確に打つのは練習で簡単(?)に身につきます。
相手の動きを予測して打つには、まず止まっている的を正確に打つことが出来
た上で、予測が正確に出来る必要があります。
また、相手の動きを「コントロールする」ことで、予測を簡単にする、あるい
は思ったところに誘導することができますね。
これは前回にやった1の「パンチの目的をはっきりさせる」と絡みます。
いづれにせよ、少なくとも止まっている的ぐらい正確に打ち抜けるようにはし
ておく必要があります。


次に4「バランスがとれていること」ですが、「重心が常に同じ位置にある」
ということではないので注意してください。
よく「バランスを崩すな」といって、スタンスと上体を固定したがるトレーナ
ーやコーチがいますが、そんなことをしたら、相手から見たら「手のついたス
タンディングバッグ」のようなもんです。
バランスとは、打つために重心をしっかり移動した所でどうバランスをとるか
ということです。
防御の事を考えると、頭や体が大きく動く分相手には的を絞らせにくくなると
いう側面があり、重心は大きく動かした方が良い場合も良くあります。
問題は、大きく重心を動かしたとき、ふらふらしたり、相手のパンチが来ても
よけられない態勢だったり、次のパンチが打ちにくい態勢だったりしないこと
です。
スタンス軸のセンターからはどんどんずらす位でないと、強いパンチ、スムー
ズなコンビネーションなどあり得ません。
足、足首、ひざ、股関節、腰がうまくアクセル・ブレーキ・ハンドルになるよ
うにバランスをとりましょう。
これはパンチをコントロールするという意味でも重要です。
腕でいくらまっすぐ打っても、下半身がふらついてはまっすぐには打てません。
しっかりしたバランス感覚を持つことは、パンチを正確に打つ、強く打つ、つ
なげて打つ(コンビネーション)ために非常に重要です。


次に5「拳の軌道をどうするか」です。
ジャブ、ストレート、フック、アッパー、スマッシュなどと名前のついたパン
チがあり、軌道もある程度限定されて教えられるでしょう。
練習でもある程度軌道を決めて練習してしまうでしょう。
大切なことは、自分の構えている拳の位置、相手のガードしている位置、自分
が打つ態勢になったときの拳の位置、相手の動き、ガードの位置の変化などを
考慮に入れてパンチの軌道を決めているかどうかです。
同じストレートでも、相手のアウトサイドから打つのか、インサイドから打つ
のかでは打ち方も拳の軌道の取り方も違って当たり前。
フックも、踏み込んだロングもあれば踏み込んでショートの間合いにすること
もあり、インサイドもアウトサイドも、ガードをすり抜けるのかガードごとた
たきつぶすのかなど、それぞれに軌道は違います。
相手の身長により狙う高さが違えば軌道も変わります。
その違いを常に練習でものにしておかなければならないのです。
忘れてはならないのは、「フック」を打つのではなく、相手を打つために打つ
軌道がたまたまフックの軌道になるだけで、まず相手の動き、ねらえるところ
をしっかり意識してそれに見合った軌道に自分の拳を誘導してあげることです。
そうはいっても「そんなにいろいろな軌道は練習できない」と思ったら、軌道
は固定して、ステップやスタンス、相手を誘導することで打つのは同じ軌道で
も擬似的に違った軌道を通っているようにすることも可能。
どちらが良いかはその人のスタイルや好みでしょう。


次に6「拳のどこに当てるか」です。
「ナックルパート」などと一言でいってしまいます。
しかし、物理的にそれが正しいかというとちょっと問題があると思っています。
どういう事か?
物理(力学)で考えます。
同じ重さのものが同じスピードで壁にぶつかるとします。
当たる表面積が小さい物の方が衝撃は大きくなる事は知っているでしょう。
つまり、ナックルパート全体で当てるよりは、拳の一部で当てた方がパンチの
貫通力は上がると言うことです。

ではどこで当てれば良いでしょう?
私は「小指と薬指の2本」をおすすめします。
「人差し指と中指の2本」や「中指1本」をすすめる人もいます。
実際に拳をにぎり、手の甲を上にしてまっすぐ腕を伸ばしてください。
小指を前に出すのと、人差し指を前に出すのではどちらが力が入りますか?
どちらが手首が安定しますか?
人間の腕の関節の構造を考えてください。
腕がのびきるまでは、肘は内側に曲がっています。
人差し指側を相手に向けようとすると手首は外側に曲げなければいけません。
腕から拳がS字になってしまい無理があると思います。
パンチを肘から打つような感じにしてみてください。
自然に小指側が前に出るはずです。
腕、手首に何の無理も無いはずです。
もう一つ。
拳を握ったときの小指と薬指の関節の方が、人差し指と中指の関節より小さい。
つまり、さっきの物理で考えてもより貫通力が上がる。
さらに言えば、コークスクリューを打とうとしたときに、小指を軸にした方が
スムーズに拳を回転させることができます。
以上の理由で私は拳の小指側を使うことをおすすめします。
ただし、拳が弱い人はナックルパート全体で打つようにした方が良いでしょう。
小指中心のパンチは、貫通力が上がる反面、自分の拳にも衝撃が強いですから
拳を痛める可能性が高くなります。

もう一つの当てどころは「拳の角(カド)」を使うことでしょうか。
「拳の角」と言うのは私の呼び方ですが、ナックルパートの上の部分。つまり
関節の部分を角に見立てて使うやり方です。
当たる瞬間に拳を手のひら側に絞ってやることで、角を作れます。
うち下ろしのストレート系のパンチでしか使えないと思いますが。


パンチを打つポイントはおおむねこんなところでしょうか。
前回分を含めて良く考えてください。
そして、練習に活かしてください。


初心者は、ジャブやストレート、フックの練習をしていると思います。
練習するときに、このことを頭に入れて、特に拳を当てる位置、コントロール
に注意しながらやると良いでしょう。
上級者はこの辺はわかっていると思いますが、やっていない、勘違いしてたな
どということがないか検証して、練習に取り入れてください。


今回はこの辺で。


次回は「練習の前」をテーマにやります。

宿題です。

練習の前に何を準備をしていますか?


練習時間以外の時間はできるだけ考える時間にしてください。
考えたことをメニューに組み入れて練習を行うことで、強くなるまでの時間
が短縮します。
メニューを人任せにして強くならないと嘆いても自業自得。
どうすれば強くなれるかは、練習時間以外に何を考え、何をするかにかかっ
ています。
この講座を考えるヒントに活用してください。



2.ワンポイントアドバイス

シャドウをやるときのヒットポイントはしっかり意識していますか?
相手の顔の位置をしっかり想像していますか?
相手のガード、動きをしっかり想像していますか?
そして、打つ場所を間違えていませんか?
良くありがちなのは打ちすぎてしまうこと。
パンチを強く打とうとしすぎているのか、相手の顎を遙かに越えたところ
まで腕を通過させている人がほとんどです。
冷静に考えてください。
相手の顔はどこですか?
相手の顎はどこですか?
シャドウでは、そこから拳1つ先でパンチを止める癖をつけましょう。
そこに最大の力を込めましょう。
パンチはどれだけ短い時間に力を集中するかで効果が違います。
今回のテーマにもあった、コントロールの部分ではこの部分には特にふれ
ませんでしたが、パンチの「奥行き」には注意してください。
自分が思っているよりストロークは短いはずです。
振りすぎる癖がつくと、いわゆる「押しパンチ」になり相手にダメージを
与えられず、返しが遅くなったり打てなくなったり、戻しが遅くなるため
防御も甘くなってしまいます。
パンチは「打ち抜こう」と意識するよりは「ぶっつけて止める」ぐらいの
意識でちょうど良いと思います。
ストレート系のパンチでは決して肘を伸ばしきらないようにしてください。
パンチは腕が伸びきったところで当たることはないし、のばしきることで
威力増すこともないし、もしのばしきったところで当たったら肘が壊れます。
肘が伸びきる前にビシッと止めましょう。
しっかり止められるようになると、止めるときの反動を利用して次の動作
に入りやすくなるという利点が出てきます。
スパーリングで「もっと小さく」とか「動きが大きい」とか「打ちすぎ」
とか言われる人は特にこの点を注意してみてください。



3.ボクシング雑談

ボクシングは個人競技でしょうか?
競技自体は間違いなく1対1の戦いです。
しかし、セコンドがいないとリングには上げてもらえませんね。
少なくとも競技に出るにはグロービングしてもらったり、複数の人の助け
を借りなければなりません。
必ず、誰かの助けを借りるわけです。
もっと言えば、試合を主催してくれる人がいなければ試合なんて出来ない
んですから。
練習するにもパートナーはたくさんいるに越したことはない。
自分一人でやるよりは、いろいろな人からいろいろな物を盗み盗みしたり、
実験台になってもらったりした方が自分をより早く成長させるチャンスが
生まれます。
「自分一人で強くなってやる」ってのもいいですが、選手寿命の短い競技
です。
肩肘張らず、人の力をいっぱい借りて、その分返し、和を大切に日々の練
習をしていってもらえたらと思います。



ご意見、ご感想、ご質問などありましたら気軽にメールしていただけると
うれしいです。
直接返信はできないと思いますが、メルマガ内で掲載、回答させていただ
くことを考えています。




■メールマガジン購読はこちらから■
ボクサーズアイテム Fight!
http://fightersshop.fc2web.com/

■ブログランキングに参加しています■
気に入っていただけたら下記をクリックお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村 格闘技ブログ


■私が登録しているポイント獲得サイト■

★フルーツメール

フルーツメール

今日までで 717ポイント 貯まっています。

★CMサイト

今日までで 808ポイント 貯まっています。

★へそくりメール(携帯)

今日までで 146ポイント 貯まっています。
広告ページ

■私が登録しているアフィリエイト■

エーハチネット

楽天も使えます。クリック課金もあります。資料請求で報酬がもらえるプログラムもあります。ねらいはサイト内容にあったクリック課金+報酬のプログラムと資料請求プログラム。

電脳卸
商品画像専門です。売れないと報酬になりませんが、報酬率は業界最高レベルなので売れると大きいです。自分で商品を売らなくても各種会員獲得により報酬が得られるというのがうれしい。今なら卸会員獲得で1万円!
スポンサーサイト



テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/06(日) 16:19:28|
  2. マガジンバックナンバー
  3. | トラックバック:1

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fightblog.blog33.fc2.com/tb.php/8-333e441d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日も。

仕事が終わって急いでジムに行きました。終わってからは帰って自主トレです、ここでまわりと差をつけなければいけませんね。
  1. 2005/11/12(土) 01:46:57 |
  2. 魂の拳

ランキング参加中!

下記のランキングに参加中です! クリックしていただけるとうれしいです。 格闘技系ブログ、HP探しにもどうぞ。

■ボクシングブログランキング
□人気ブログランキング(ボクシング)
■スポナビ スポーツサイトリンク
□スポーツ ランキング
■JRANKブログランキング(格闘技)
□FC2 Blog Ranking
幸福の羅針盤ランキングに参加してね

ウェブリング


BBS7.COM
MENURNDNEXT

ボクシンググッズ



ボクサーズアイテム Fight!

おすすめ!

ショックドクター ゲルマックス

あしたのジョ-コンプリートボックス【電子コミック】【2-HAN】



商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

BlogPeopleツール

このサイトを登録 by BlogPeople

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

お小遣い稼ぎ

私も参加しています。 チリが積もっていきます。

おすすめはこれ!↓↓↓


フルーツメール


商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

アクセスランキング

このブログをリンクしていただければ、自動的にアクセスランキングに参加となります。

携帯アクセス解析

Powered By FC2

FC2ブックマーク検索